「埼玉県こども動物自然公園」でコアラに会ってきました。

α6400

6月のアップデートで動物の瞳にピントを合わせて撮影することができるようになったデジタル一眼カメラα6400を持って、コアラがいる『埼玉県のこども動物自然公園』に行ってきました。

ILCE-6400

動物の瞳にピントを合わせて撮影するにはカメラの設定が必要です。撮影を始める前に、まずは設定ができているか確認をしましょう。設定方法は⇒こちら

ILCE-6400

 

イヌやネコのような顔立ちで、左右の瞳が良好に見える様な場合は瞳を検出しやすいのですが、「顔や体に模様がある」「複数の動物が動き回るような撮影環境」「暗い場所や黒い毛の動物」等は瞳の検出ができない場合がありますのでご注意ください。

これから瞳AFが検知できた動物は「〇」、検知できなかった動物は「×」で表していきます。

この『埼玉県のこども動物自然公園』は、埼玉県の東松山市にある動物園で園内は広々としており約200種類の動物がいるそうです。

その中で私が一番会いたかったのはコアラさん。コアラって動物園に行ってもあまりいない動物ですよね。調べてみたら日本全国でも7カ所の動物園にしかいないみたいですよ。

α6400

いました!!ぐっすり寝ていますね。まるでぬいぐるみが置いてあるかのようです。実はここの動物園は、これで二回目。前回はずーーっと寝ていて起きてくれなかったので今回はユーカリの交換が始まる13時に合わせて来てみました。

そろそろ、時間だけど起きてくれるかな?

α6400

あっ!!!起きました!

α6400

目がまんまるで、ものすごくかわいぃ~癒されます^^

ユーカリ交換の時間帯は、起きているコアラに会えるチャンスですよ。

α6400

私は嬉しすぎて、気づけば100枚近くコアラの写真を撮っていました・・

 α6400

まだ少し小さいコアラは、歩き回ったり木から木へ飛び移ったりして、さっきまで寝ていたのがウソのようにとても元気です。

α6400

コアラは、瞳AF「〇」です。

α6400

ペンギンさんです。こちらも大人気で多くの人が集まっていました。かわいいですもんね。う~ん・・何枚も撮ってみましたが、瞳AF「×」でした。

α6400

フラミンゴさんも瞳AF「×」です。

α6400

キリンさんです。模様のせいなのか瞳AF「×」でした。

α6400

ふと見ると、フクロウさんが近くにいました。とても眠そうな顔してます・・もしかして寝てたのかな。瞳AF「×」です。

α6400

鷲かな?瞳AF「×」でした。鳥さんは瞳の検出できないのかもしれないですね。

α6400

ヤギさんは、ずーっと木の上にいます。私がここへ来た時も帰る時も同じ状態で全く動いていない気がする。瞳AF「〇」でした。

α6400

放し飼いになっていたマーラさんです。さすがに慣れているのか近くに寄っても全然逃げません。瞳AF「〇」でした。

デジタル一眼カメラ α6400 ILCE-6400
ソニーストア販売価格:109,880円+税~
ご注文はコチラ

皆さんもぜひ”動物への瞳AF機能”を色々な動物で試してみてくださいね。

サウンドイレブンの丸山でした。

ソニーストア