モンスタータブレットPC VAIO Z Canvas 展示開始しました!

VAIO Z Canvas

昨日から受注開始となったモンスタータブレットPC VAIO Z Canvas ですが、本日当店に展示用の貸出機が到着いたしました!

VAIOの展示は全国でも限られたお店でしか見ることができず、貸出機が借りられるのもある程度の数を販売できるお店に限られているんです。
VAIO展示店舗のご案内はこちら

前回の VAIO Fit 15E mk2 に続き、今回はモンスタータブレットPCと言われる VAIO Z Canvas の実機をお借りすることができたのも、ひとえに皆様のおかげだと感謝しております。

本当にありがとうございます。

さて、早速開梱状況をご報告いたします。

VAIO Z Canvas
外箱は重厚感のある黒。VAIOロゴが光ります。

VAIO Z Canvas
黒い箱を引き上げると本体がお目見えします。

VAIO Z Canvas
中に入っているものはご覧のとおり。
本体とキーボード部はわかれて梱包されており、ACアダプターとタッチペン、説明書などが入っています。

VAIO Z Canvas
何はともあれ、まずは充電です。
本体左側面部に電源がをつなぎます。

VAIO Z Canvas
VAIO Z Canvas はモンスタータブレットPCと言われておりますので、本体部とキーボード部は離れた状態で使います。
キーボード部は充電式となりますので本体とキーボードの接点を合わせて充電します。

VAIO Z Canvas
ある程度充電ができたらいよいよ電源を入れてみます。
電源ボタンは本体右上にあります。
本体上面にもボタンがあり、間違いやすいので注意です。

VAIO Z Canvas
電源を入れるとVAIOロゴが画面に浮かび上がります。

VAIO Z Canvas
キーボード部も電源を入れます。
スイッチ式になっており、左が電源OFF、真ん中がON、右側はタッチパットを無効にする場合に使用します。

VAIO Z Canvas
本体背面にはスタンドがついているのですが、このスタンドがスグレモノ。
大きなスプリング、ダンパー、カムの機構を搭載し、本体を支えることなく、片手で簡単に角度調整ができるんです。
もちろん、一度決めた角度はしっかりと踏ん張ってくれるので、画面に手を乗せてもそう簡単には倒れません。

VAIO Z Canvas
あとは、画面の指示に従い、Windowsをセットアップしていきます。
セットアップは若干時間がかかりますので、この間にタッチペンを用意します。

VAIO Z Canvas
タッチペン関連部品はこんな感じ。
左下にあるのはペングリップ。

VAIO Z Canvas
よく見ると、ボタンの部分に合うようにグリップ側にも掘り込みがあるので、これを目安にはめてください。
私、よく見ずに反対向きにつけちゃってましたので。

VAIO Z Canvas
電池はキャップをくるくる回して外してから+がペン先側になるようにして入れます。
電池の寿命は一応18か月と言われていますが、単6という珍しい規格ですので、使用頻度が多い方は早目に予備を準備した方がいいかも。

VAIO Z Canvas
ペン先も2種類用意されていて、書き味を変えたいときには交換して使います。
写真は向きが逆になっていますが、銀色の部分が中側に入ります。

VAIO Z Canvas
セットアップが終わるとデスクトップには3つのクリエイティブソフトが!

VAIO Z Canvas
試しに、CLIP STUDIO というソフトを起動して

VAIO Z Canvas
アンパンマン描いてみました。

取り急ぎ、皆様に VAIO Z Canvas をお試し頂けるところまではセットアップ完了。
徐々に色々試してみたいと思います。

ご興味のある方はお気軽にお試しください。

VAIO Z Canvas
現在、VAIO Z Canvas 初回生産分限定企画 として「TransferJetプレゼント」キャンペーンを行っているのですが、先ほど入った情報によりますと、残り100個を切っているそうで、本日中に終わってしまう可能性が高いとの事。

ほとんどの方はプレゼント対象の「16GBモデル」を選択されているそうですので、検討中の方はお早目に!

ソニーストア