店頭展示中のアンドロイド搭載ブラビア KJ-55X9300C のソフトウェア更新をしてみました。

KJ-55X9300C

現在、当店店頭に展示中のアンドロイド搭載ブラビア KJ-55X9300C

ま、正直言いまして色々な不具合が出ておりまして、ソニーさんの方でもかなり頑張って改善策をとっているようです。
最初の頃は、電源が切れなかったり、ピーという音が鳴りっぱなしになったり、テレビとしてどうなのか?と思うところが多かったのですが、段々と落ち着いてきたように思います。
(まだ完全とは言えませんが・・・)

お客様にオススメするのも難しい状態なのですが、昨日、新たなソフトウェア更新がリリースになりましたので、早速更新してみました。

更新の方法ですが、リモコンのホームボタンを押していただき、設定の欄のヘルプを押します。

KJ-55X9300C

ヘルプの中に、システムソフトウェアの更新の項目がありますので、こちらを選択。

KJ-55X9300C

その先に進むと、システムソフトウェアの更新データを確認がありますので、こちらを選択。

KJ-55X9300C 

画面が一度切れて、電源抜くなマークがでたら、約30分ほどそのままで待ちます。
この間テレビを見ることはできませんのでご注意ください。

KJ-55X9300C

これで、最新の状態に更新ができました。

今回のアップグレードは無線LANのネットワークを使い更新をしています。
自宅にネットワーク環境がない場合は、放送ダウンロードでもアップデートすることができます。
放送ダウンロード環境でのアップデートは、2015年10月12日(月)~ 10月25日(日)の期間で行われます。

ブラビアソフトウェア更新

ブラビアソフトウェア更新情報はこちら

今後も外付けHDDへの録画や、本体番組表からのブルーレイディスクレコーダーやnasne(ナスネ)への録画予約、2画面表示など重要な機能拡張も予定されております。

進化するテレビと言えば聞こえも良いのですが、当店といたしましてはしっかりとオススメできるようになるまで、しっかりと店頭で確認を続けたいと考えております。

画質、音質の良さは文句なしなんですけどね。

 

ソニーストア