4Kアクションカム FDR-X1000V 設定編

FDR-X1000VR

昨日の続きです。
XAVC S (100Mbps)での撮影をあきらめて、とりあえず手元にあるメモリーカードで設定を続けます。

FDR-X1000V
メモリーカードはここにセットします。

FDR-X1000V
電源を入れると表示パネルにこんな感じで表示されます。

ここから時計を設定していきます。

FDR-X1000V
PREV か NEXT ボタンを数回押して SETUP を表示させます。

FDR-X1000V
本体上面の赤いRECボタンがENTERボタンになっていますので、SETUP を表示させた後に押します。

FDR-X1000V
CONFIG が表示されるまでPREV か NEXT ボタンを数回おします。

FDR-X1000V
同様に、DATE を表示させます。

FDR-X1000V
RECボタンを押して、時計を合わせます。

FDR-X1000V
年 月 日 の順に設定していきます。
途中、GMT + 9 とか出てきますが、これは日本標準時を表しております。
日本で使う場合にはGMT + 9 で設定してください。

FDR-X1000V
設定が完了すると待ち受けの画面に戻ります。

引き続き、ライブビューリモコン RM-LVR2 の設定を行います。

RM-LVR2
ライブビューリモコン RM-LVR2

RM-LVR2
電源は本体左下面にあります。

RM-LVR2
初回起動時には日時設定モードに入ります。
先ほどと同じようにGMT + 9とか出てきますが、そのまま赤いRECボタンで決定します。

RM-LVR2
その後、サマータイム設定や日時設定を行います。

設定が完了したら、本体とのWi-Fi設定を行います。

RM-LVR2
電源を入れるとWi-Fiの待ち受け画面となります。

FDR-X1000V
その後、カメラの電源を入れます。
PREV か NEXT ボタンをおして電源をONにします。

RM-LVR2
接続可能なカメラの名前が表示されますので、赤いRECボタンを押して決定します。

RM-LVR2
これで待ち受け状態になります。

FDR-X1000V
FDR-X1000V の表示が ACPT? となっているのを確認し、

FDR-X1000V
カメラ側の赤いRECボタンを押します。

RM-LVR2
RM-LVR2 にカメラの映像が表示されれば設定完了です。

ここまで設定できれば撮影することはできるのですが、1点気になることが・・・

FDR-X1000V
カメラのレンズ部分なのですが、知らないうちに触っちゃっているみたいで、指紋などがついちゃっています。
傷などもつきやすいのかもしれません。

そんな時に必須なのがコチラ
AKA-HLP1
ハードレンズプロテクター AKA-HLP1
ソニーストア販売価格:3,000円+税

大事なカメラのレンズに傷がつく前に装備しておきたいアクセサリーです。
AKA-HLP1
店内に在庫も常備しております。

当店ではアクションカムのアクセサリーをほぼすべて在庫で取り揃えております。
群馬県内でアクションカムのアクセサリーをお探しの方は是非ご来店ください。

遠方の方は、楽天、Yahooショッピングでも販売中です。

楽天はこちら
Yahooショッピングはこちら
送料無料のソニーストアはこちら

▶速報!4K対応新アクションカム FDR-X1000V 本日入荷!
▶4Kアクションカム FDR-X1000V 開梱の儀
▶4Kアクションカム FDR-X1000V 準備してるけどメモリーカードとか色々大変・・・