4Kハンディカムで撮った映像の保存方法について

FDR-AXP35

デジタル4Kビデオカメラレコーダー FDR-AXP35 
ソニーストア販売価格:119,880 円+税

いやぁ、ここ数日すっかり4K動画撮影にはまってしまっています。
撮影した映像も、非常に高精細な画像を見られますし、編集も楽しくて毎晩色々と楽しんでいます。
もっと早くに手を付けとけばよかったと後悔です。

さて、本日は、撮影した映像の保存方法についてのご案内です。

4Kハンディカムで撮影した映像の保存方法は、大きく5つに分けられます。
それぞれのメリット、デメリットについて考えていきます。


 

1.パソコン
4Kカメラとパソコンを本体付属のUSBケーブルで接続するだけで、簡単に動画保存ができます。
どなたでも無料でダウンロードできる PlayMemories Home(プレイメモリーズ ホーム)を使う事で撮影した日付ごとに管理もできるので非常に便利です。

PlayMemories Home
PlayMemories Home のダウンロードはこちらから

非常に使い勝手の良いソフトで、4Kカメラ以外にもソニーの一眼カメラやサイバーショットなどをお使いの方にもおすすめのソフトです。
データー保存をする際のPCスペックは特に選びませんが、4K/30pの動画を再生する際には、Core i5/Dual Core 以上のスペックが推奨となっています。

Windowsだけでなく、Mac版のPlayMemories Home もありますので、Macの方もご安心ください。

 

2.外付けHDD
PC経由でデーターを保存する方法の他に、専用USBケーブル VMC-UAM2 を使ってダイレクトに保存する方法があります。

VMC-UAM2

USBアダプターケーブル VMC-UAM2
ソニーストア販売価格:2,010 円+税

HDDのファイルシステムは NTFS か exFAT が選べますが、ダイレクト保存の場合はexFATのみとなります。
10月12日(月)までの期間限定で、ソニー4Kハンディカムご購入キャンペーンも開催中です。

 4Kハンディカムご購入キャンペーン
4Kハンディカムご購入キャンペーンの詳細はこちら

他社製の1TBの外付けHDDと、専用の接続ケーブル VMC-UAM2 が無料でもらえちゃいますので、まだ応募していない方はお早目にご応募ください。

 

3.光ディスク
4K撮影した動画データーをそのままブルーレイやDVDに記録することはできません。
しかし、フルHD(AVCHD)にダウンコンバートすれば記録をすることができます。
元が4K画質の映像なので、変換をしても精細感のあるフルHD動画として楽しむ事ができます。

ダウンコンバートの変換は、PlayMemories Home のディスク作成機能を使う事で簡単に変換が出来ちゃいます。

PlayMemories Home

ブルーレイディスクやDVDの作成方法はコチラ

 

4.SDカード
FDR-AXP35 などは、内蔵メモリをもっていますので、本体メモリーに撮影することができますが、SDカードに記録をすることでSDカード自体がバックアップメディアとして使えます。

ただし、全てを録画しておくとSDカードが何枚も必要になりますので、あまり現実的ではありません。
FDR-AXP35 などは、4K動画とMP4動画の同時記録または、AVCHD動画とMP4動画の同時記録が可能ですので、上手く使い分けることが大切です。

また、XAVC S4K/100Mbps の映像をSDカードに記録する場合は、SDXCカード Class10/UHSスピードクラス3が必要となります。
オススメのメモリーカードはSF-128UX2/SF-64UX2/SF-32UX2 となります。

SF-128UX2

SDXC/SDHC UHS-I メモリーカード(Class10)

SF-128UX2 ソニーストア販売価格:33,500円+税
SF-64UX2 ソニーストア販売価格: 18,500円+税
SF-32UX2 ソニーストア販売価格:9,880円+税

ちなみに、32GB~2TBの容量でファイルシステムがexFATのものをSDXCカードと言います。
XAVC S モードでの撮影は、SDXCカードのみ対応となりますので、ご注意ください。

 

5.YouTube
撮影した映像を編集した場合には、YouTube にアップしてしまう方法です。
現在、YouTubeも4K映像に対応しておりますので、アップした動画をアンドロイドブラビアなどで美しい映像のまま見ることもできます。

 長時間のファイルなどはアップロードに時間がかかりますのでご注意ください。


 

以上、簡単に説明をさせていただきましたが、正直あまり深く考えない方が良いかもしれません。
自分の環境にあった保存方法を選ぶことが大切で、選択肢がこれだけあるとお考え頂ければと思います。

4K映像未体験の方も、店頭にて是非高精細な4K映像を是非お楽しみください。

 

ソニーストア