高精細な3DCG映像を裸眼で楽しむ空間再現ディスプレイ『ELF-SR1』新登場!

elf-sr1

高精細の3DCG映像を裸眼で見ることができる空間再現ディスプレイ『ELF-SR1』を、10月31日に発売すると発表がありました。

ELF-SR1』は、その場に実物があるかのような立体的な空間映像を再現し、特別なメガネやヘッドセットなどを使わず裸眼で見ることができるディスプレイです。

圧倒的な精細感で、あたかもそこに物が実在するかのように映像が見える空間映像体験はゲームやCGクリエイターはもちろんのこと、建築家や車のデザイナーなどあらゆる制作者のコンテンツ表現の幅を広げます。

見る角度にかかわらず視点の変化に合わせた映像を確認することができ、被写体が動いていても、立体的に見える映像に遅延やズレがほとんどないようです。

『ELF-SR1』の特徴

●視線認識技術による立体映像体験

elf-sr1

特別なメガネやヘッドセットなどの機器を装着する必要はありません。ソニー独自の視線認識技術によって、あなたの目の位置を常に検出し、左右それぞれの目に最適な映像を生成。裸眼でも、クリアで色鮮やかな立体視体験を2.1chのサウンドとともに実現します。

●空間そのものを立体で目の前に再現する

elf-sr1

ディスプレイの奥へと続く、いつまでも眺めていたくなる別世界を表現。あなたの作品が、まるでそこにあるかのように感じられます。

●リアルな立体映像を実現するソニー独自の技術

高速・高精度のリアルタイムセンシング技術

elf-sr1

高速ビジョンセンサーと視線認識技術により、見る人の目の位置を常に正しく検出します。水平や垂直方向のみならず、奥行方向に関しても左右の目それぞれの位置をリアルタイムに把握します。

リアルタイム映像生成アルゴリズム

elf-sr1

ユーザーの目の位置情報をもとに、実際にディスプレイパネルから出す光源映像をリアルタイムに生成します。常に両目に正しい視点画像が提示されるので、実際に空間や物体がそこにあるかのように感じることができます。

マイクロオプティカルレンズ

elf-sr1

リアルタイムに生成した映像を左右の目に届けるための独自のマイクロオプティカルレンズをパネル全面に超高精度に貼り付けることにより、自然な裸眼立体視を可能にしています。従来の3Dディスプレイと比較してクロストークを大幅に低減し、映像を正しく左右の目に届けることができます。

●ゲーム開発、VRアプリ開発などで定番のUnityとUNREAL ENGINE 4に対応

elf-sr1

本機向けのコンテンツ制作を容易に行える専用SDK(ソフトウェアディベロップメントキット)を開発者向けサイトにて無償提供し制作活動をサポートします。

ゲームやVR、建築、車のデザインといった様々な業界のインタラクティブなアプリ開発の定番ツールであるUnityとUnreal Engine 4に対応しているので、クリエイターは既存の3Dコンテンツを本機に表示することができます。

elf-sr1

空間再現ディスプレイ ELF-SR1
ソニーストア販売価格:500,000円+税
ご注文はこちら
商品の詳細はこちら

ソニーストアでは予約販売を開始しております。是非、ご検討下さい。

サウンドイレブンの丸山でした。

ソニーストア