耳の前にスピーカーが浮く、ソニーのスポーツギア Float Run 入荷しました!

FloatRun
新商品のワイヤレスステレオヘッドセット「Float Run」が本日入荷しました!

Float Run は耳の前にスピーカーが浮くという新たなリスニングスタイルのヘッドセットです。
耳をふさがないため圧迫感がなく、イヤホンをしていても周囲の音を自然に聞くことができるので気持ちのよいお散歩やランニングを楽しめます。
FloatRun
一見この状態でランニングしたらすぐに外れてしまうのでは?と疑問に思いますが、頭の大きさ・形によらず、フィットしやすいデザインとなっています。
FloatRun
側頭部との接触面の広さ、横に大きく広がる柔軟なバンド、頭の傾斜に沿いやすい構造により、圧力が分散され、圧迫感が少ないイヤホンです。

電池や基板などの電気部品を耳の後ろに配置し、良好な重量バランスの実現にこだわっているので、激しい動きをしてもずれづらく、イヤホン全体の安定性を維持できます。
FloatRun
一般的なイヤホン同様、耳の前に浮いたスピーカー(ハウジング)から空気を振動させ鼓膜経由で音が聞こえます。
外にいるときは周囲の音や風切り音が大きくなるため、イヤホンの音量を上げるシチュエーションも多く見られますが、音量を上げても快適にご利用いただけます。
FloatRun
外出時にはその日の気分や天気によって帽子やサングラスなどを身に着ける事もあるかと思いますが、Float Runを装着していても干渉しづらく併用して使用可能です。
FloatRun
16mmドライバー搭載により、厚みある低音域から、透明感ある高音域にいたるまで、バランスの良い高音質をお楽しみいただけます。耳の前にスピーカーが浮く構造でも、身体データを活用した設計により十分な音響性能を確保できるようなドライバー配置が実現しました。
FloatRun
本体に搭載されたボタンで、音量調節や音楽の再生停止、曲送り、曲戻しなどの操作ができます。 また、iPhoneやスマートフォン、PCがBluetooth機能を搭載し、HFPまたはHSPに対応していればハンズフリー通話もできます。

陸上競技 桐生祥秀選手も実際に使用している動画がありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

●ワイヤレスステレオヘッドセットFloat Run(WI-OE610)
ソニーストア販売価格:19,800 円(税込)
楽天からのご注文はこちら
Yahooショッピングからのご注文はこちら
ソニーストアからのご注文はこちら

サウンドイレブンの青木でした。
ソニーストア