世界最小・最軽量のフルサイズミラーレス一眼カメラ「α7C」新発売!

ILCE-7CL

一眼カメラα7シリーズに”Compact”をコンセプトにした新たなシリーズ「α7C」が登場しました。

α7C」は10月23日(金)発売予定ですが、ソニーストアでは予約販売を開始しております。 

【ソニー公式】α7C機能説明ビデオ

一眼カメラα7Cは、フルサイズCMOSイメージセンサーを搭載し、光学式ボディ内手ブレ補正機構を内蔵したデジタル一眼カメラとして世界最小・最軽量を実現しました。

ILCE-7CL

ILCE-7CL

幅約124.0mm×高さ約71.1mm×奥行約59.7mm、重さ約509gとAPS-Cセンサー搭載のα6600とほぼ同じです。

ILCE-7CL

α7Cのコンパクトさを最大限に生かすために、キットレンズ「FE 28-60mm F4-5.6(SEL2860)」も新開発。ボディと組み合わせたときにも小型・軽量システムを実現しました。

また、有効約2420万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor Rと、高速処理能力を備えた画像処理エンジンBIONZ Xを搭載。ISO100~51200(拡張ISO50~204800)の広い感度域をカバーするため暗所でもノイズの少ない高感度撮影が可能です。

ILCE-7CL

コンパクトボディでありながら、α9をはじめとしたプロフェッショナル機にも搭載されている“4Dフォーカス”に対応。撮像エリアの約93%をカバーする範囲に693点の像面位相差検出AFセンサーを配置したほかコントラスト検出AF枠を425点に多分割化し、高い検出精度を実現しています。ピント合わせが難しいさまざまなシーンで被写体を瞬時に捉えます。

ILCE-7CL

さらに、AIを活用した物体認識アルゴリズムにより、色や模様、被写体との距離などの空間情報を高速処理して動きのある被写体をカメラ任せで高精度に認識自動追尾し続けるリアルタイムトラッキングをより速く直感的に起動でき、高い機動性を実現しています。

ILCE-7CL

最新のシャッターチャージユニットの採用に加え、画像処理システムの進化により、最高約10コマ/秒のAF/AE追随高速連写を実現。また、ライブビュー方式による最高約8コマ/秒の高速連写も可能です。バッファーメモリーの大容量化やシステムの高速化、UHS-II対応のカードスロットの採用によりJPEG(ファイン)で約223枚、圧縮RAWは約115枚、非圧縮RAWでも約45枚の連続撮影を実現しました。

ILCE-7CL

無音・無振動の電子シャッターを用いたサイレント撮影機能も搭載。サイレント撮影時もAF/AE追随最高約10コマ/秒の連写ができます。演奏会のような静寂性が求められるシーンでも決定的瞬間を逃しません。

ILCE-7CL

フルサイズ領域で画素加算のない全画素読み出しにより、4K映像(QFHD:3840×2160)に必要な画素数の約2.4倍(6K相当)の情報量を活用して4K映像を出力するため、より解像感の高い映像表現が可能です。

デジタル一眼カメラ「α7C」詳細についてはコチラ

 

デジタル一眼カメラ ILCE-7C(ボディのみ)(S)シルバー/(B)ブラック
ソニーストア販売価格:209,000円+税

デジタル一眼カメラ ILCE-7CL(ズームレンズキット)(S)シルバー/(B)ブラック
ソニーストア販売価格:239,000円+税

ご注文はコチラ

ILCE-7CL 

α7C発売日の10月23日(金)より『α7C発売記念フルサイズウェルカムキャンペーン』が始まります。まだ応募方法等の詳細は近日公開となっておりますが、予約販売期間中のご購入も対象となりますので、是非この機会にご検討下さい。

『α7C発売記念フルサイズウェルカムキャンペーン』の詳細はコチラ

サウンドイレブンの丸山でした。

ソニーストア