最高級ウォークマン NW-WM1Z 開梱レポート

NW-WM1Z

 先日展示開始をご案内させていただきました、無酸素銅を削り出して作った最高級ウォークマン NW-WM1Z の開梱レポートをお届けします。

当店に来た状態は薄手のビニール袋に梱包された状態で納品されます。
外箱さえも高級品扱いとなっているようです。

NW-WM1Z

 箱を開けると

NW-WM1Z

ソニーのロゴが記載された何とも高級そうな箱が出てきます。

NW-WM1Z

肝心のウォークマンはこのように入っていました。

NW-WM1Z

箱のふた側にはケーブル類が収められています。

NW-WM1Z

付属品一式はこんな感じです。
ヘッドホンなどは同梱しておりませんので、別途ご用意が必要になります。

NW-WM1Z

本体を取り出してみます。

NW-WM1Z

裏面はこんな感じになっています。

NW-WM1Z

本体にビニールが巻き付いていますので、こちらもはがします。

NW-WM1Z

改めて全体像はこんな感じ。
重厚感がハンパないです。

NW-WM1Z

底面にはストラップ用の穴とWMポート、microSDメモリーカードスロットが搭載されています。
ハイレゾ音源は容量の大きなものが多いので、microSDメモリーカードは必須になるかと思います。

NW-WM1Z

側面には電源ボタンや音量ボタン、再生、曲戻し、曲送りなどのボタンが配置されています。
大きく押しやすいボタンですので、バックの中に入れたままでも操作がしやすいかと思います。

NW-WM1Z

反対側の側面にはホールドスイッチが配置されています。

NW-WM1Z

上面にはヘッドホン端子が2種類用意されています。
向って右側がバランス接続用の端子となっており、Φ4.4mmのヘッドホンジャックが接続できるようになっています。

左側はステレオミニプラグが接続可能な端子となっておりますので、今までのヘッドホンでも接続は可能です。

キャップをつけたまま撮影してしまいましたが、このキャップも無くしそう・・・

NW-WM1Z 

 背面の質感も高級感あふれる仕上がりとなっています。

NW-WM1Z

手持ちのはかりで重さを量ってみましたが、仕様で約455gとなっていましたので、誤差の範囲ですね。

NW-WM1Z

ソニーさんから提供してもらったクレードル、BCR-NWH10 に接続して充電しながら初期設定を行います。

ちなみに、BCR-NWH10 は再生しながらも充電ができちゃうハイレゾ対応ウォークマンにオススメのクレードルとなります。

BCR-NWH10

日時設定などを行えばすぐに使用可能となります。

この後、Media Goからハイレゾ楽曲をいくつか転送し、現在視聴可能な状態にしております。
当店にあるハイレゾ楽曲でしたら、すぐに転送しますので、聞いてみたい曲がありましたらスタッフまでお気軽にお声がけください。

最高級ウォークマン、NW-WM1Z と、フラグシップヘッドホンMDR-Z1R の組み合わせを是非お試しください。

サウンドイレブン店長 横田でした。

ソニーストア