今更感もありますが、Smart B-Trainer にハマっています!モニターキャンペーンも開催!

SSE-BTR1

発売から1年以上経っている商品なのですが、店長横田、現在この商品にハマっております。

バスケットやサッカーなどで走り回るのは全然苦じゃないのですが、ただ単に走ることが昔から超苦手でして、持久走大会やマラソン大会などは嫌いなイベントの最有力候補でした。

先日、健康診断の結果が届きまして、予想通りというか、言われなくてもわかっていた事なのですが、やはり運動不足を指摘されていました。

そこで、この機会に運動を始めようと一念発起し使い始めたのがこちらの Smart B-Trainer SSE-BTR1 です。

実は使い始めて約3週間経つのですが、正直かなり良いんです。
今更ながらイチオシでおすすめしたい商品の一つですので、今後BLOGの方でも少しずつ紹介をしていきたいと思います。

まずは開梱状況を含めて Smart B-Trainer SSE-BTR1 を詳しくご紹介いたします。

SSE-BTR1

外箱には箱からの取り出し方が書いてあります。
かなりしっかりと固定されて収まっていますので、取出しの際はご注意ください。

そもそも、この Smart B-Trainer という商品ですが、耳かけタイプのウォークマンと何が違うのかといいますと、音楽を楽しむことはもちろん、トレーニングのサポートをしてくれるんです。

 SSE-BTR1

使い方は、お手持ちのスマホに、B-Trainer というアプリをインストールし、スマホと Smart B-Trainer SSE-BTR1 を連動させて使います。

SSE-BTR1

内容物はこんな感じ。

SSE-BTR1

ポーチの中には、左右のサイズ調整用のイヤーピースがS,M,Lの3サイズ用意されています。
また、心拍センサー調整カバーや水泳用のイヤーピースもついています。

そうなんです、この Smart B-Trainer SSE-BTR1  は防水機能がついておりますので、プールでの使用や、水洗いすることもできるんです。

SSE-BTR1

充電は、専用の充電器を使って行います。
このUSBアダプターを使って充電や音楽転送などを行いますので、もう一つあると便利かもしれません。

あとで、部品で取り寄せができるか確認してみますね。

初回の充電はPCと接続して行ったのですが、PCが認識するまで若干時間がかかりました。
正直故障かと思いましたが、電池残量が少ない場合には接続してもすぐには認識されず、10分くらい待っていたら認識し、充電を開始しました。

SSE-BTR1

ヘッドホン右側のLEDがオレンジ色に点灯したら充電している状態です。

充電中に、スマホのセットアップを行います。

SSE-BTR1

まずは国の設定。

SSE-BTR1

当然のごとく日本を選択。

 SSE-BTR1

走った記録を残す設定を自動にするかどうかを選択します。私の場合は はい を選択。

SSE-BTR1

利用規約に同意し、

SSE-BTR1

さあ、はじめよう!

SSE-BTR1

画面をスクロールしていくと

SSE-BTR1

簡単な使い方の説明もしてくれます。

SSE-BTR1

いよいよセットアップの開始です。

SSE-BTR1

まずはデバイスの登録です。

SSE-BTR1

SSE-BTR1本体の電源を入れます。
電源ボタンを3秒以上の長押しします。

SSE-BTR1

その後、ペアリングをします。
NFC対応の機器でしたら、タッチで簡単にペアリングができます。

SSE-BTR1

 デバイス一覧を見てみると、SSE-BTR1 が表示されています。

SSE-BTR1

ここからいよいよ装着をしてみます。

SSE-BTR1

装着方法ですが、若干コツがあります。
我流でわかり辛いかもしれませんが、少し回転させながら耳に押し込むと装着しやすいかと思います。

SSE-BTR1

心拍数を確認します。
この Smart B-Trainer の特徴の一つに、心拍数を計測できるという事があります。

私も実際に走ってみてわかったのですが、心拍数が上がる過ぎると体にも良くありませんし、走るペースも乱れます。
なるべく一定の心拍数を意識することでランニングレベルも上達するように思います。

Smart B-Trainer にはいろいろなトレーニングメニューも用意されていて、心拍数が上がりすぎるとゆっくりとした曲に変更してくれたり、逆に心拍数が低い時にはアップテンポの曲に変更されます。

ここでは平常時の心拍数を計測します。

SSE-BTR1

その後、サインインを行います。
サインインしなくても使用することはできますが、サーバーデーターをバックアップしたい場合はサインインをします。

SSE-BTR1

プロフィール欄に、名前や身長、体重などを登録します。

SSE-BTR1

これで準備は完了です。

SSE-BTR1

様々なトレーニングメニューがある中で、私が選んだのはプレミアムトレーニングメニューの中の金哲彦氏のトレーニングメニューです。

具体的に自分がどういうトレーニングをしたいかが選べるようになっており、今回私は、経験ゼロ→30分走れるようになりたい というプログラムを行っています。

SSE-BTR1

実は、5月10日からこのトレーニングはじめて、今のところほとんど毎日使用しています。
不思議と走ることに抵抗もなくなってきており、このプログラムの後は、どうしよう?などと今から楽しみにしています。

この商品を楽しく使うポイントの一つは、色々な音楽をたっぷり入れておくことですね。
音楽の転送は Media Go を使って行います。

Media Go

Media Go の詳細、ダウンロードはこちら

心拍数にあわせて走っていると、自然と足もスムーズに動くんです。
色々なテンポの音楽を入れておくと走るだけじゃなく、ウォーキングなども楽しくできますのでオススメです。

80年代や90年代のヒット曲が沢山入ったアルバムなどを入れていますが結構楽しいですよ。

SSE-BTR1

実はこのSmart B-Trainerですが、2016年6月24日(金)11時までモニターキャンペーンを行っております。

キャンペーン詳細はこちら

このキャンペーンは、ソニーストアメンバーメール受信者限定の企画なのですが、通常売価 26,500円+税 のところ、モニター販売価格:19,880円+税でご購入できちゃいます。
購入後に、Smart B-Trainer のアンケートに回答するのが条件となっておりまして、先着100台限定の企画です。

正直この価格は当店の仕入れ価格よりもかなりお安くなっており、もう少し待てばよかったと若干の後悔もあるんですけど・・・

ストアメール受信者限定:モニターキャンペーンのご購入はコチラから

ここ群馬でも、明日6月1日からぐんまマラソンのエントリーが開始されます。
去年までは、ぐんま県民マラソンって言っていたのですが、今年から名前も変わったんですね。

ぐんまマラソンの詳細はコチラ

大会は2016年11月3日ですので、今からトレーニングする方にもオススメの商品です。
私も常に持ち歩いておりますので、ご興味のある方はお気軽にお声がけください。

ぐんまマラソンにエントリーするかどうか悩み中の店長横田でした。

ソニーストア