ワイドFM(FM補完放送)でAMラジオの番組が聴きやすくなります!

ワイドFM
昨日の記事でもちょっと触れましたが、ワイドFM(FM補完放送)をご存知ですか。

ワイドFM(FM補完放送)
は、AM放送局区域で、FMの周波数を使って補完的にAM番組を放送することなのですが、なぜワイドFM(FM補完放送)が必要なのか、ご紹介致します。

ワイドFM
まず、AM放送(モノラル放送)は、電波塔が平地にあるので災害の影響を受ける可能性があり、放送機器の破損があったとき等、放送が困難になる場合があります。ビルや電子機器の影響を受けやすく、ノイズが入りやすいので、聴きづらくなる事も。

逆に、FM放送(ステレオ放送)は、電波塔が高所にあるので災害の影響を受けにくく、ビルや電子機器の影響も受けにくいので、ノイズが入りにくいのが特徴です。ステレオ放送なので音も良く、聴きやすいです。
ワイドFM
ワイドFM
ワイドFM
ワイドFM
ワイドFM
では、実際に聞いてみようという事になりますが、ワイドFM(FM補完放送)の周波数は、地域によって異なります。
ご自身の地域の周波数など詳しいことは、住んでいる地域のラジオ局のホームページなどで確認してみて下さいね。
ワイドFM
お手持ちのラジオがワイドFM(FM補完放送)に対応しているかもチェックをお忘れなく。
FMの受信周波数が90.1MHz以上のFM周波数帯域に対応しているラジオはワイドFM(FM補完放送)が視聴可能です。
ワイドFM
ソニーの製品でも、各種ラジオの他にICレコーダー、ウォークマンでもワイドFM(FM補完放送)に対応している製品があります。
コチラ より対応モデルがご確認頂けます。)

ラジオは普段聴かないよという方も1台持っていると災害時など便利ですよ。災害対策でしたら昨日ご紹介した FM/AMポータブルラジオ ICF-B09 が一番のおススメですが、それ以外にも手ごろなラジオ等もありますので、また後日ご紹介させて頂きます。

サウンドイレブンの青木でした。

ソニーストア