デジタルカメラ VLOGCAM ZV-1G 展示準備中です!

ZV-1G
新発売のデジタルカメラ VLOGCAM ZV-1G を店内に展示するため、展示準備を始めました。
今日は、開梱の様子などをお伝えします。

まず、VLOGCAMについてですが、以前当店のブログでもご紹介している通りVlog(ブイログ)コンテンツの撮影に特化したデジタルカメラとなります。

ZV-1 と ZV-1G の2種類ありますが、2点の違いは ZV-1G の方がシューティンググリップ GP-VPT2BT が同梱されているキットになっています。
GP-VPT2BT は、ケーブル不要で自由度の高い撮影を実現した、Bluetooth対応・三脚機能付シューティンググリップです。こちらについても以前ブログでご紹介しているので、お時間がある方はチェックしてみてくださいね。
GP-VPT2BT
ということで、さっそく商品を開梱していきます。今回展示用にご用意したのは、シューティンググリップ GP-VPT2BT が同梱されている ZV-1G になります。ただいま準備中ですが、展示が開始されましたらぜひお手に取ってシューティンググリップもチェックしてみてください。ちょっとだけ重さはありますが、使いやすい商品になっています。
ZV-1G
ZV-1G の外箱はこんなにカラフルな虹色でした。こちらを開けると、
ZV-1G
VLOGCAM ZV-1と、リチャージャブルバッテリーパックNP-BX1、シューティンググリップGP-VPT2BTの3点が入っています。

その3点の中からVLOGCAM ZV-1 を開梱すると、
ZV-1
リチャージャブルバッテリーパックNP-BX1、マイクロUSBケーブル、ウインドスクリーン、ウインドスクリーンアダプター、他印刷物一式が同梱物として入っています。
ZV-1G をご購入の際にはリチャージャブルバッテリーパックNP-BX1は2点ある事になります。

まずは充電をしようと端子部分を探していると、ZV-1は端子毎にカバーがついてる仕様になっていました。一番上は外部マイク用の端子なので別売りの外付けマイク ECM-XYST1M など対応商品のマイクを接続することも可能です。
ZV-1
続いてシューティンググリップ GP-VPT2BT も電池をセットします。脚を三脚の状態にするとリチウムコイン電池を入れる場所がでてきます。そちらに付属の電池をセットして準備完了です。
GP-VPT2BT

ZV-1 は現在充電中となりますので、準備が整いましたら改めてご紹介致します。

サウンドイレブンの青木でした。
ソニーストア